FC2ブログ
究極の水中写真ギア・イノンのすべてを語る
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水中マイクロセミ魚眼リレーレンズ 撮影情報

~絞りによる描写比較~

水中マイクロセミ魚眼リレーレンズ「UFL-MR130 EFS60」は、対物レンズ径が24mmと極小でありながら、水中画角は130.172°と超広角。従来のマクロレンズやフィッシュアイレンズでは表現できない水中世界を撮影することができます。
ピントはレンズ前0cmから。小さな生物に接近して撮影すると、魚眼レンズ特有のデフォルメ感で、今にも飛び出してきそうな生物の表情が、画面いっぱいに写し出されます。さらに、露出を上手く調整すれば、背景の水中景観も同時に撮ることができます。
mushi3

撮影しているだけで楽しくなる「UFL-MR130 EFS60」ですが、、特殊なコンバージョンレンズゆえに、従来のレンズとは異なる露出調整が必要です。
レンズの光学的な特性上、絞りを開放側にすると周辺収差が顕著に現れ、ボケたようになります。推奨する絞りは、F13~F32です。
レンズに触るかどうかの至近距離に主被写体の生物がいて、さらにその後ろにいる生物や背景もクッキリ写そうとするのでしたら、F20~F32まで絞ったほうがいいでしょう。ただし、ここまで絞って、背景も明るく写すとなると、シャッター速度を遅くするか、ISO感度を上げる必要があります。シャッター速度を遅くしすぎると、被写体ブレや手ブレが画像に出てきます。ISO感度を上げすぎると、画像にノイズが目立ってきます。撮影環境によっては、絞り・シャッター速度・ISO感度の選択がシビアになりますが、作品が撮れた時の感動はひとしおです。

以下は、実際に絞りを変化させると描写がどのように変わるか、絞りF32~F6.3まで段階的に撮影したサンプル画像です。露出決定の参考にしてください。

絞りによる描写比較

mrdistance.jpg
■撮影条件
青白いウミウシはレンズ前約1cm
シャッター速度 1/200
ISO感度 400

 

画像をクリックすると拡大表示されます。

mrf32s.jpg絞り F32
mrf25s.jpg絞り F25
mrf20s.jpg絞り F20
mrf16s.jpg

絞り F16

mrf10s.jpg

絞り F13

mrf13s.jpg絞り F10
mrf8s.jpg絞り F8
mrf6_3s.jpg絞り F6.3

 

テーマ:水中写真 - ジャンル:写真

// HOME // 
copyright © 2007 INON all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。